地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

【北陸発】

「大丈夫」思い込もうとする空気 福島 伝えたい

長女の真帆ちゃんと実家の近くで遊ぶ原田さん。福島では安心して屋外で遊ばせられない=金沢市田上新町で

写真

子連れ避難 元キャスター金沢で決意

福島テレビ(福島市)で十五年にわたりアナウンサーとして活躍した原田幸子さん(37)が、東京電力福島第一原発事故を契機に長女の真帆ちゃん(6つ)と実家のある金沢市に避難している。

「故郷」と呼ぶはずだった福島だが、第二子の妊娠が分かり七月で退社。
福島を離れた。
「報道に携わった一人としての体験を多くの人に知ってほしい」と今、金沢市であるイベントなどで自らの経験を語る。
                                       (松岡等)

夕方のレギュラー番組でキャスターを務めるはずだった三月十一日。揺れが襲った直後からヘルメットをかぶってカメラに向かう。

保育園に預けていた娘の安全を確認できたのは夜だった。夫は他局のアナウンサーで、母娘の二人は三日間、局で寝泊まりした。

1号機が爆発し、十四日朝、金沢の両親に頼んで娘だけは避難させた。3号機爆発による大量の放射性物質が福島市に届く直前だった。三月中に初めて金沢に戻った時、友人が食事に連れ出してくれた。豊富な食べ物、汚染を気にすることもない。「これが普通の生活だったんだ」。涙が出た。

*ふくらむ疑問

それから福島と金沢を行き来する。「東北新幹線で途中、マスクをするのが戦場に帰るために切り替えるスイッチ」だった。

伝えるニュースに「これでいいのか」という疑問がふくらんでいく。
例えば福島駅近くでサクランボをほおばる幼稚園児の話題。洗わないまま『おいしい』と言って食べる“安全性”のアピール。「これって放送していいの?」と思わずにいられない。

原発報道でテレビへの信頼が失われていくのを実感する一方で「テレビが言ってんだから安全だべ」という人も。本当に福島の人たちに必要な情報を伝えているのか自問した。

以前から熱望していた妊娠が分かったのはそんな時。「まさかこんなタイミングで」。母親として踏ん切りがついた。福島にはいられない。
「命って引き継がれていくんだなと思う。これだけの犠牲があったのだから、強い子になる」。現在妊娠八カ月。男の子と分かった。

*感じる引け目

福島で今、一番の話題は除染。「大丈夫だと思おうとしているよう。残った人はそういう精神状態になるし、メディアもその方向に進んでいくような気がする」。
けれど除染にどれだけかかるのだろう。「県をなんとか維持したいという人たちの思いを感じる」

最近の電話で知人から「日常の生活で(放射能を)気にするのにも限界がある」と聞いた。「金沢に実家のある自分は幸運。すべてを捨てて福島を離れるのは並大抵じゃない」

半面、避難した人は引け目も感じる。取材されたくない人は金沢にも数多い。
だからこそ、報道に携わった者として、経験を自分が話したい。福島のことを聞いてほしい。原発事故の反省を生かさせなければ、福島が被った犠牲の意味はないから。  (北陸中日新聞より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(管理人)

原田幸子さんが、キャスターをしていた夕方のローカルニュースは、私も見ていました。
彼女は、控えめで物静かな女性だったという印象があります。
お茶の間の顔であった彼女のファンも多かったはずです。
この記事を知り、”自分に正直に活きたい”という彼女の思いを強く感じました。
ただ、旦那さんは、現職のアナウンサーですから複雑な立場にはあると思います。

この放送局は福島県内4社あるローカル局としては、一番歴史が古く、設立以来、しばらくは独占状態で放送が行われていて視聴者数も今でも最大です。
そして、県の出資比率も高いため、県政を肯定する報道に徹しなければならないのだろうと思います。
関係者から大会中止の声も上がっていた、東日本女子駅伝も放送しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テレビ、新聞などのメディアは情報を正しく伝えることの使命が、いつの頃からか一部の権力者の広告塔に成り下がってしまったようです。とくに、福島第一原発事故があってからその思いを強くしました。
放射能漏れの深刻さを隠し、たいした事がないように報道して、”地元に残って福島を復興させましょう”という気持ちを誘導する放送の内容で、それ以来あまりニュースを見なくなりました。
街中にも”がんばろう福島”のキャンペーン.ポスターのオンパレードです。

彼女は、真実をどのあたりまで知っていたのかは解りませんが、自分の気持ちと争いながらもんもんとした気持ちでいたのだろと思います。
同じ様に良心のあるTV局関係者はみんな、少なからずこうした疑問を抱えているんだろうと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは、放送局はちがいますが、「原発爆発の瞬間映像はどう伝えられたか」というもので、私たちにどう報道したか説明しています。

*Ⅰ号機と3号機が爆発した時の映像を公開しています。


映像の後半に”私たちは被災者の気持ちを考えて、この映像の使用を数日たってからは、必要最小限にしようと決めました。”と言っていますが、今となればどのようにでも言えるだろうと思います。私には言い訳がましく聞こえました。


また、”あの映像がなかったら、放射能の拡散を私たちは、どれだけ実感できたでしょう。そして、政府の発表はどれだけ遅れたのか。私たちは、あらためて映像の力を思い知りました。”とも言っていますが、自社の映像をほめているだけで、県民のことは考えていない発言に聞こえます。まさに本末転倒です。

そして、政府の情報を信じた人たちは、無用な被曝をさせらてしまいました。


この映像をどうするか総務省にでも確認をとったのだろうとも思います。
報道はされませんが、おかげで放射線被爆と思われる病気になった人や人知れず亡くなる人も増えているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原発爆発の瞬間映像はどう伝えられたか

           原発の映像をどう伝えたのか


とくに、福島は人口の流出が今もおきていて、県は税収の減少を心配しています。
また、最近ではテレビでも原発関係の報道がほとんどされなくなったように思います。

以前、”除染は住民より地域経済のためか”でも書かせてもらいましたが、国は除染を進めようとしていますので、テレビでも盛んにそれについて報道しています。
でも、この除染の本当の目的は、住民を安心させ県外に避難するのを止めたいからのようです。
テレビもお上の意向には逆らえない構造のようです。
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。