地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
どれだけ頑張っても、食べるものさえ買えない。。。
豊かな国だったはずの米国で進む、静かなる食料危機の実態。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


フードスタンプ受給者数の推移

急増する米国の失業率

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米国では、フードスタンプ(食料配給券)の受給者数が過去最高に達し、さらに増え続けている。フロリダのリゾート地からベーリング海沿いのアラスカの村々にいたるまで、フードスタンプの受給者は現在、1日あたり約2万人のペースで増加している。
ミシシッピ川周辺のセントルイス、メンフィス、ニューオーリンズといった大都市では、子供の半数がフードスタンプの受給者だ。
現在、フードスタンプを受け取っている人は米国民全体の約12%近くに及ぶ。
黒人の28%、ラテン系の
15%、白人の8%に及んでいる。フードスタンプの補助額は、それぞれの住宅事情や家族構成もよるが、1人あたり1ヵ月130ドルが平均だ。

フードスタンプは、全米各地域で急速に増えており、もはや珍しい存在ではない。荒廃した街や差し押さえ物件が目立つ郊外で、3600万人以上の人が、人目を引くこともなく、カードを読み取り機に通すことで、牛乳やパン、チーなどの食料品を手に入れている。
貧困ラインは、4人家族で年収約2万2000ドル(約200万円)とされているが、補助を受けている人の9割近くがこれを下回る生活をしている。

この制度の利用者は記録的な勢いで増加しているが、プログラムを担当している政府当局者は、さらにペースを加速すべきだと考えている。農務省の次官のケビン・コンカノンは「大恐慌時代を除き、私たちの世代で、これほど食料支援が急務となったことはありません」、「今こそ、米国でも空腹の人が多数いるという事実を直視すべきです」と語る。


最後のセーフティネット

実に人々が、食欲を満たすことに苦労している。シングルマザーもいれば夫婦もいる。最近職を失った人もいれば、生活保護を長年受けている人もいる。
給料が下がったため、満足に食べられない人もいる。

ポットロースト

サンディ・バーンスタイン(66)は不況により、貧困者へ同情の念を抱くようになった。

保険事業で成功をしたバーンスタインは昨年、退職後の悠々自適な生活を始めたばかりだった。しかし、金融危機で保有していた証券口座の資産額が急落。
人生を考え直したくなった彼女は、全米退職者協会(AARP)とオハイオ州セカンド・ハーベスト・フードバンク協会が行っている、福祉プログラムのボランティアに志願した。
「ここに来ると、博識で饒舌、身なりも立派な普通の人に会います。一緒にランチに出かけてもおかしくないぐらいです」

それは、ショーン・ワードロー(32)と妻のフラニーの特徴と合致しているかもしれない。
彼らが住んでいるのは、まさに米国の中流階級の家そのもので、生活に苦労している様子は感じられない。
3人の金髪の娘の寝室の窓はピンクのカーテンで彩られているし、まだ景気が良かった頃にフロリダ州デイトナビーチを旅行した際に手に入れた亀を飼っている。
娘の1人は小学4年生で、最近、自分の両親について書いた物語の結末は、「それからずっと幸せに暮らしましたとさ」だった。

最初に仕事を失ったのは、老人ホームで働いていたフラニーだった。しばらくすると、ショーンも9年近く勤めた建設会社を解雇された。その後、料金未払いで電気を止められそうになったり、夕食にインスタント麺しか食べられなかったり、ボランティア団体から石鹸をもらったりして過ごしたという。
気さくで大柄なショーンは、封筒工場で何とか職を得ることができた。だが、建設会社で削岩機を手に働いていた頃に比べると収入は低いし、フラニーはまだ失業中だ。家賃は2ヵ月滞納している。それでも、月額429ドルのフードスタンプで、時には日曜日にポットローストを食べることができる。

ポットローストは、失ってしまったものをフラニーに思い起こさせる。
「かつて、自分たちは中流だと思っていました。今はただ、美味しくてまともな食事をとることしか頭にありません」

USA「ニューヨーク・タイムズ」(英語)より抜粋
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。