地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
新聞社もこのように大別できるでしょうか。

東京新聞はいち早く"脱原発"路線を打ち出しています。
(それを評価して新規購読する人が急増したという話です)


                          東京新聞          2012/5/19     東京新聞2  


それを追っているように見える毎日新聞と朝日新聞。
(この2社は、良く解りません)

そして、経団連の機関紙のような日経新聞。 

それに対して、あの”原発の父”と言われている
正力松太郎氏以来の原発推進一辺倒の読売新聞や政府におべっからを使っているような産経新聞。

                            読売新聞       2011/9月7日     読売新聞 

記事のテーマや月日は違いますが、この2つの紙面でもその違いが解ると思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは、両方とも今年6月1日付けの新聞の社説です。

まず、東京新聞

「大飯」再稼働へ 地元の苦悩を思いやれ 

関西電力大飯原発3、4号機の再稼働について、政府は「安全」を置き去りにしたままで、七月実施に突き進む。
「最後は私の判断で」と野田佳彦首相。無策の政府に、どんな責任がとれるのか。

               
だが、大飯原発の寿命もせいぜいあと二十年。
未来を生きる世代のために、原発に代わる地域おこしを、考え始めるべきときだ。

これまで苦悩を押しつけてきた消費地の責任として、新しい未来をともに考えたいし、応援もしたい。
そのためにも、安易な再稼働をこのまま許すべきではない。

                                                (一部抜粋)

          首相候補


そして、読売新聞

大飯再稼働へ 「容認」とは福井県に失礼だ


野田首相は、「関係自治体の一定の理解を得られつつある。
最終的に私の責任で判断したい」と表明した。妥当な対応である。

橋下氏が言い出した夏場限定の稼働案について、福井県の西川一誠知事は「勝手なご都合主義で話にならない」と猛反発している。

関西の首長らは、立地自治体に対する非礼をわび、夏季限定案を取り下げるべきだ。
大飯原発が動いても全国的な電力不足は続く。

安全確認できた原発を順次、再稼働させることが不可欠である。
                                              (一部抜粋)
-------------------------
いかがでしょうか。
 
          原発足りる

東京新聞は、大飯原発の再稼動を否定し、野田首相以下、政府の原発政策に疑問を投げかけているのです。

一般国民の目線で書いているのです。

一方、読売は、さすがに東電からも大量の広告を貰っている原発むらと一体の新聞だけのことはあります。
野田首相の言葉に協調し、国の原発政策を肯定しているのです。
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Y売は”非礼をわび”ですか。 お上からの押し付け産業に相応しいお言葉です。
広域連合の限定的は意外と重しです。国の暫定基準発言と合わせ、地元の反発に期待です。

東京新聞は、今やブロガーの御用達かも。相槌を打てる内容です。
ただ”苦悩を押しつけてきた消費地”というのだけは、しっくりきません。
原発の設置は国、電力会社、立地自治体の思惑で決めてます。消費地は電力を選べません。
押し付けたのは、ここでもお上なのでは。

NAME:ktpage | 2012.06.03(日) 16:09 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。