地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
震災後の東京での日々を綴ったこの本は自費で出版したものです。
出版社が、書籍出版の可否を決めて良いものでしょうか。

この”立ち読み版”は、もうかなりの方が見ているようですが、私は最近まで知りませんでした。

     原発引越し   *画像の「立ち読み版」や「詳しく見る」をクリックすると記事に飛びます

まずは、じっくり読んでみて下さい。


原発引越し公式サイト

----------------------
放射能被害からお子さんなどを守りたく、県外に避難を考えているお母さんやご家族など大勢いらっしゃるのではないかと思います。

そういった方々の背中を押す一つのきっかけになれば幸いです。

*ご本人から承諾を得て、紹介させていただきました。

神原さんには叱られそうですが、このブログの趣旨ではありませ
 んので、作者プロフィール、本の概要は省かせていただきます。

------------------------
 (東京から移住した家族の記録 私小説)  原発引っ越し

「東京から西へ逃げます」

インターネットで移住の告白をした時、周りの反応は様々だった。なかでもツイッターを通じて受け取ったメッセージは賛否両論だった。
ツイッターとは、インターネットを利用したコミュニケーションツールのひとつで、百四十文字までの文章を書いたり写真をくっつけたりして、世界中の人たちと言葉を交わし合うことができるサービスだった。

「無事引っ越しができるといいですね」

「できるだけ東京から遠くに逃げたほうがいいですよ」と引っ越しに賛同し、励ましてくれる人は多かった。
しかしまた、その逆に、「フリーランスだから簡単に東京から逃げることができるんです。

会社勤めのうちのような家庭では無理です」「本を出すような仕事をしているから余裕があるんでしょうね。貧乏な我が家はしたくてもできません」と、不満の気持ちを投げかけてくる人もいた。

もっとすごい人になると、引っ越しを嘲笑して、なぜか引き留めようとする人もいた。

                         「立ち読み版」より抜粋

        原発ッ引越し本
-----------------------
この”原発引っ越し”という本のことは、新聞でも伝えています。

「原発移住」体験を自費出版

東京電力福島第1原発事故をきっかけに、東京から呉市に家族で移住した編集者神原将さん(37)が体験をまとめた「原発引っ越し」を自費出版した。

友人の勧めで昨年8月、執筆を始めた。

原発事故や引っ越しについての友人とのやりとりや、短文投稿サイト「ツイッター」やメモを基にまとめた。
しかし「東京のイメージダウンにつながる」と出版社からは断られ、自費で発売した。

神原さんは「震災後の東京の現実を知ってほしい。移住に迷っている人を勇気づけられたら」と話す。
                                   (抜粋)
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。