地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
これは、国が、”福島第一原発の周辺のこの地域は、これから長期に渡って国が使用するから住民は入るな”と言っているのです。

長期居住制限域を検討 福島第一隣接地域
 
政府は、東京電力福島第一原発の事故を受け、同原発に隣接する一部地域に関し、長期間居住を制限する区域を設定する方向で検討を始めた。

藤村修官房長官が四日午前の記者会見で明らかにした。

昨年末、放射線量に応じて、避難区域を五年以上帰宅できない「帰還困難区域」など三地域に再編する方針を決めたが、同原発に隣接する一部区域はさらに長期にわたって帰還が不可能になる地域として新たに設定。

今後、地元自治体と協議して、新たな区域の範囲などを調査したい考えだ。

   福島避難区域:3市村先行し再編 立ち入り禁止解除
 
立ち入り禁止解除
警戒区域と避難指示区域の概念図
区域運用について

藤村氏によると、平野達男復興相は三月末の原子力災害対策本部の席上、「福島第一原発の敷地に隣接する一部の地域について、長期にわたって住民の居住を制限し、一定のスペースを確保するなどの対応を検討すべきではないか」と発言。

                                               (一部抜粋)
----------------------ーーーー
(管理人)
4月中にも警戒区域と計画的避難区域が、「帰還困難区域」と「居住制限区域」、「避難指示解除準備区域」の3つの区域に見直されるのです。
これに加えて、原発に近い一部の地区は、長期にわたって帰還が不可能になるというものです。

帰還困難区域以外の2つの区域では、自由に出入りができるものの寝泊まりはできません。

警戒区域と計画的避難区域では、国が除染やガレキの処理をすることになっているようですが、実施計画はまだ示されていないのです。

--------------------------------
現在は、警戒区域にある楢葉町ですが、国は町議会に警戒区域を解除し、避難指示解除準備区域に移行するよう提案しているのです。

避難指示解除準備区域再編で全員協議

避難指示解除準備区域への再編を巡り、楢葉町の町議会全員協議会が6日、いわき市のいわき出張所であり、町議からは放射線の影響で帰還を危ぶむ声や、先に除染や財産の補償に取り組むべきだとの声が相次いだ。

政府の原子力災害現地対策本部の富田健介審議官らが、再編で住民の一時帰宅やインフラ復旧が可能になると説明。

これに対し、町議からは「原発20キロ圏は居住禁止にしたらどうか」などの意見が出た。

-------------------------
環境相が「中間貯蔵」意義強調 地元からは疑問、不満

いわき市で7日に細野豪志環境相と楢葉町議が除染で生じた汚染土壌などの中間貯蔵施設設置について意見を交わした同町議会全員協議会。

細野環境相が「強固で安定的な施設になる。生活に支障を来すような施設には絶対にしない」と説明。
同町への設置方針をあらためて示し、建設工事や施設管理などで雇用の確保にもつながる考えを強調した。

一方、参加した議員からは疑問を呈する声が相次いだほか、町民からも政府への不満が噴出した。

                                       
(以下省略)
-----------------------ーーー
中間貯蔵施設「楢葉で先行整備」

除染で生じた土壌などを保管する中間貯蔵施設について、細野豪志環境相は7日、放射線量が比較的低く、除染が進めやすい楢葉町で先行して整備する方針を示した。
--------------------------

楢葉町にがれき仮置き場整備へ

楢葉 仮置き場

福島第一原発の事故で警戒区域に指定された地域は、震災の津波によるがれきが、ほとんど手つかずのまま残されています。

国は、こうしたがれきを一時的に保管し、分別する仮置き場を、警戒区域の中では初めて楢葉町の2か所に設けることになりました。
                                        (以下省略)
---------------------
(管理人)
国は、原発事故当初から、震災がれきの処分場を福島県内に建設することを望んでいました。
それが、警戒区域にある楢葉町を説得することによって、ようやく中間処理場建設にこぎつけられるのです。

楢葉町が
”避難指示解除準備区域”になるのは時間の問題だと思います。
でないと、作業に支障をきたすからです。
そして、あのJビレッジもあるのです。

それにしても、どこでこのような線引きが出来るのでしょうか。
後付けした、”長期居住制限域”や”帰宅困難区域””居住制限区域”などあまり変わらないような区域を設定する国の政策には、怒りを感じます。

これらの区域を
細かく設定する意図は、人命軽視、経済優先に他なりません。
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

これ迄の経緯を考えれば。。。

こんばんは。
相変わらず誠意のない対応で、地元の方々の気持ちを考えると堪りません。
これまで約束を守ったことがあるでしょうか?
中間貯蔵施設は永久貯蔵施設にされることは確実です。
それよりも何よりも、雇用に繋がると云うけれど、地元の方が被爆するような仕事を欲しがるでしょうか?既に高濃度汚染地域で住み,汚染物を取り扱う仕事をすれば、さらに健康への被害が懸念されます。仰るように、地元軽視、命を軽視し過ぎです。
財産の補償を、高速道路用地を買い上げる時と同じ基準ですべきだと思います。福島に住むか住まないかは街の方々の希望通りにさせるべきだと思いますが、皆さんはどのように考えておられるのでしょうか?

NAME:yokoblueplanet | 2012.04.09(月) 16:09 | URL | [Edit]

 

新たに3つの区域に見直すとのことですが、
帰宅困難地域が北西方向 飯館村までとして、この地域については区域の境界にバリケードを設けるようなので、
当地域の外側で日中は戻れるとなっても、ルートは至る所で遮断されるため、流通を考えると自治体として機能するのか疑問に感じます。
「自宅に自由に戻れる」だけですね。TVで浪江町での年配層と若年層の人の考え方の違いをみました。住民の方が将来への展望を見通せるように、国はしっかり伝える必要がありますね。

NAME:ktpage | 2012.04.10(火) 00:52 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。