地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
福島県内で生活する人たちにとって、いまだ放射能は“見えない恐怖”であり続けている。

いわき市で5人の子どもを育てる弁護士・菅波香織さんはこう話す。


 
新聞の折り込みチラシに規制がかかり始めています


        モニタリング
 
福島市渡利地区の学童保育の横に、今年1月に設置されたモニタリングポスト。
放射線量を気にかけながら生活し続けなければならない。


福島で生活していて一番思うのは、被曝を最小限にしたいという思い。
それが当然のことだと思うんですけれども、そういう思いがほかの利益と比較してなかなか実現しない、押しつぶされてしまっているように感じます。

被曝を最小限にしたい、これはつまり放射能を防護する権利だと思います。その手段は、避難をする、あるいは福島で生活しながら除染をしたり、食品による内部被曝を減らしたり、保養したりといろいろあると思います」

             情報収集すらままならない

「今、福島では放射能の話をすること自体がタブーになっていて、避難の話や放射能を防護したいという話もなかなかできません」(菅波さん)

福島で放射能の話題をタブーにする風潮には、なんらかの圧力があると見る人が少なくない。

「郡山では新聞の折り込みチラシに規制がかかり始めています。

これまでは放射能についての勉強会などを民間レベルで開こうというときに、折り込み広告を扱う会社に持っていけば新聞販売店に届けてくれました。
それが、今はチラシの内容について会議が開かれるようで、放射能関連は全部カットされるんです。実は昨日も拒否されたばかりです。行政のやり方に反することは規制対象なんですね」
               (郡山市に住む主婦の森園かずえさん)
------------------ーー
彼女は以前、NHK放送でも”避難すること”を訴えているのです。

子供たちの環境は、放射能がないものとして扱われている

                  菅波 香織弁護士


子供を取り巻く環境については、『放射能よりもストレスのほうが、子供の健康には悪い』ということがいわれています。

安心というキーワードで、子供たちの環境の中には放射能がないものとして扱われている状況があります。


いわき市の小学校へ大学の教授が来て、自然エネルギー教室というのを開いたときには、こんなことがあったそうです。
話の中で原発の話もありましたが、
『原発がなくなったら、快適な生活ができなくなっちゃうんだよ』と子供たちに話したそうです。

それで、この非常に大きな損害と、甚大な被害を与えた事故についての話はあったのかと聞いたところ、そういう話は全然なかったということでした」

このほかにも、「国の偉い人が安全と言っているんだから、子供たちはみんな安心して外で遊んでいいんだよ」と話す教師もいるという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      ”母子相談会”ってネーミングにさせられた
   
避難、放射能という言葉を使うな
  
住民の被ばくは明らかなのに、国や県が率先して行っているのは、”非難”という言葉を使わせないこと。

                               (中略)
ソフトバンクの孫さんが、100億円の寄付をしたとき、避難や移住の希望する人のための相談会を開くことになったの。
ところが、県から”避難”という言葉はつかわないでくれ”とクレームがあった。      (以下省略)
 

more

 
スポンサーサイト

 

 

Comment

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2012.03.24(土) 17:57 | | [Edit]

 

Re: 紹介しても良いですか?

> こんばんは。
> 信じられない状況になっていますね。
> nitrun さんのブログを紹介しても良いでしょうか?
> お返事いただいてからしますので、ご連絡下さい。

コメントありがとうございます。
まさに戦時中のラジオ放送の様相を呈してきました。
こうして、真実は葬られてていくのでしょうか

よろしくお願いします。

NAME:nitrun | 2012.03.24(土) 18:28 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。