地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
震災から一年、圏内の動物たちは、まだ生きているものもいる。

しかし、動物たちの命の営みは、この厳しい東北の寒い冬をも迎え、いつまで続けられるのでしょうか。
そして、今でも救いの手を待っているのでしょうか。

待ちつづける動物たち

待ち続ける動物たち                
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
共に生活し、人々を癒し続けたこの猫も原発事故で、置き去りになったのです。

この本の著者である
太田康介さんのブログ「うちのとらまる」より

              ごめんよ

今日、ショックなことを聞きました

浪江町サンプラザにいた、この猫のこと


ねこ1  
必死に生きている感じが出ている写真だったから、今回「待ちつづける動物たち」のカバーに使用しました

実は、この猫がその後まもなく死んでいたのを確認されていたのです
その話を今日聞かされたので、ショックを受けています

撮影日は、去年の9月3日午後8時ごろ

一日中、餌やりや捕獲をしていて、そろそろ、この日の保護活動も終了しようかと思っていた矢先

ねこ1 
一匹の猫を発見 

この日最後ということで、この猫の保護をしようとしました

ねこ3 
首輪もしていて、明らかに飼い猫であったので、何としても保護しなきゃと思い時間をかけました

うちのとらまる

そんな時に、この子が現れたのです

最初の猫のために捕獲器を仕掛けているので、この子の捕獲はそのあとと思っていました

この子は、
何度か瓦礫の上を行ったり来たりしてから

うちのとらまる

駐車場へ

うちのとらまる

ぼくは ここにいるよ捕まえてくれないの

うちのとらまる

捕まえてよ

ぼくを連れて帰って


うちのとらまる

あらためて写真を見ると、そう訴えているように見えてきました

少し前に進んで、ぴたりと止まり


うちのとらまる
やがてきびすを返して


うちのとらまる
闇の中に消えていったのです

この場所は
その後何度も訪れていましたが、二度とこの子に会うことはありませんでした

私は、この子を見捨てたのです

やろうと思えば保護できたはずでもやらなかったいっぱい自分に言い訳して、やらなかったのです

ごめんよいったい何回謝らなければいけないんだ

この地を這うようにして活動しているボランティアさんたち、たぶん皆同じように苦しんでいます

この子たちに会った人は、皆が人間代表になり、
この国の動物たちに対する冷たさを詫びながら活動しているのです

もうすぐ1年が経つのに、状況は何も変わらずたくさんの動物たちが今日も凍えて死んでいっていることでしょう

本当に情けないこんな小さな命さえ救えないなんて、
私は情けない人間です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(管理人)
この猫は、その後死んだ姿で見つかったそうです。
本当に残念です。


「のこされた動物たち」では、餌よりも人とのスキンシップを求めて近寄ってくる犬、餓死寸前で助けられた猫、飢えのあまりビニールを食べる牛、仲間と寄り添い死んでいった豚など、震災直後に見た光景は壮絶なものだった記されています。

今までに見たことのない悲惨な生き様だったようです。
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

写真が出ない

こんばんは。
昨日から最初の写真は見えるのですが、それ以外がまったく出て来ず見えません。私だけの問題でしょうか?!

NAME:yokoblueplanet | 2012.03.18(日) 17:36 | URL | [Edit]

 

ガレキ利権は田中派の紅白戦

ガレキの広域処理利権は
田中派の紅白戦です。

野田、検察、ガッキーのやる気のなさは異常です。

小沢と創価が解散させない理由は簡単。

それは小沢と創価が黒幕だからです。

事実、野田のマズイ政策は
すべて小沢の利権と結びついています。

詳細はこちら↓

ht■tp://blog.livedoor.j■p/sheltem2/

NAME:sheltem | 2012.03.19(月) 06:54 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。