地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
今年1月時点で既に福島県内にて配布されていたようです。
子供だましです。


小児科 
以下は、パンフレットの内容です。

[安心・安全な安定した生活の設定を冷静に考えましょう]

子どもの放射線被曝と小児科学会

1.圏内の放射線が高い地域で生活していた、早期に避難できなかった子どもたちについて、3月末に行われた放射線ヨウ素の甲状腺への集積線量測定結果が明らかになりました。がん発症の可能性がある線量に達していた子どもはいませんでした。

2. いわき市は年間1ミリシーベルトですが、福島市・郡山市は年間5ミリシーベルトですが、郡山に3月に降り注いだ放射線は全く危険な量ではなかったようです。

3. 地面に付着した放射性物質(ほとんどがセシウム)からの放射線(β線、γ線)が、現在の線量として表示されています。現在の量では将来の発ガン等に結びつかないとの見解が明らかにされつつあります


今後の生活をどうすべきかについて・・特に放射性セシウムとの付合い方

1. 地面の放射性セシウムは超ホットスポット以外での外遊びは心配ありませんし、空気中の放射性物質はほとんど無いので窓明けも問題ありません。

2. 食べ物として放射性セシウムはなるべく摂らないようにしたいものですが、もし食べても約80日の半減期で体外に排出されます。食べ物についての極度な制限は、むしろ栄養バランスの崩れにつながることが心配です。

人とのつながりと心身の健康を大切にして欲しい


1. 家族とのつながり、特にお父さんのかかわりを大切にしてください。
2. 避難生活をする場合、身近なゆかりある人とのつながりを大切にしてください。
3. 今までの経済・保育・教育・趣味のつながりを大切にしてください。
4. 生活の場の移転や日常生活における過剰な移動などによる発生する危険(身体的・精神的危険)が、放射性被曝による危険を上回ることがあることを認識してください。


健康診断


たとえ大丈夫と思っても健康診断は定期的に受けることで、安心できるようにしましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんな、いい加減で、無責任なことを書いているのです。

放射性物質は、セシウム各種、放射性ヨウ素だけではありません。
セシウムが検出された場合は、ストロンチウムやキセノン各種なども放出されるのです。

それらの放射性物質は、体内で蓄積される場所がちがうようです。

たとえば、ストロンチウムは骨に蓄積され長期にわたってβ放射線を放出し続けます。
そして、骨髄が傷つけられ、白血病の原因になるます。
チェルノブイリでは、白血病のピークは事故後5年だったのです。

口から入る放射性物質は、100%体内に取り込まれます。
体内のセシウムが仮に半減期200日ほどでを吐き出したとしても、その他は、しだいに濃縮していきます。
よく解らない部分も多いようなのですが、長期にわたって影響を受けるのですから、医者の立場からしても許されない表現です。
そして、治療もしないで、健康診断を進めています。
モルモットとして必要なのでしょう。

チラシの結び部分で「健康診断」と称した”人体実験データ”の採取への協力を要請している点をみれば、佐藤雄平福島県知事や福島県立福島医大の山下俊一副学長らの”福島県民のモルモット計画”の方針を忠実に守っているようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
               原爆放射線による過剰死亡の推移


原爆放射線による死亡者は、先ず、白血病による過剰死亡(非被爆者の白血病死亡数を越える死亡)が増え、その後被爆10年目頃から、その他のがんによる過剰死亡が増加しています。

最近では、がん以外の病気による過剰死亡の増加の傾向も出て来ています。

                                 (放射線影響研究所作成)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
甲状腺がん推移 
出典:チェルノブイリ原発事故から甲状腺癌の発症を学ぶ 児玉龍彦
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これもそうです。

放射線量の低減を詳しく説明 県がパンフレットを作る  
                                        福島民報 7/23日付

県は子どもが日常生活で受ける放射線量を減らすための知識などを盛り込んだパンフレットを22日までに作製した。
45万8千部を3歳以上から中学生の子どもと保護者に配る。22日の県災害対策本部会議で報告した。

パンフレットは4種類作り未就学児用に6万4千部、小学生用に10万7千部、中学生用に5万8千部、保護者用に22万9千部を発行した。県が子ども向けに作
った放射線量低減のパン
フレット。

 
線量が高い場所や被ばく量を減らすための対策など年代別に内容を変え、分かりやすく紹介している。
放射線量が屋外より屋内で大きく下がること、放射性物質の半減期も解説している。
保護者向けのパンフレットでは、大人自身が災害で受けたストレスをケアする重要性も訴えている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これが、そのパンフレットです。

未就学児童用(PDF:1,456KB) 
  おうちのひととよんでみよう! 「ほうしゃせん」のおはなし


こども放射線1
 こども放射線
子供放射能 
こども放射能3 
こども放射能4 

*他に、中学生、保護者用もあります。

こういうパンフレットを作成して、子供たちを放射能の恐怖から目をそらさせようとしているのです。
洗脳教育に近いものを感じます。
避難もできなくて、このパンフレットを信じて行動した子供たちはあまりに可哀相です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
         戻れる人から戻りましょう! 川内村々長

川内村は、原発から20km位の距離にあります。

この村では、昨年8月~9月に採取されたミミズから2万ベクレル/kgのセシウムが検出されていることは、ご存知だと思います。
そんな中、今年、1月31日に原発事故で避難した県内9町村では一早く「帰村宣言」をしたのです。

こんな状況で帰村宣言は、考えられないことですが、
これは、国策だからと言われています。

それは、川内村への住民の帰村を前例とし、今後に続く、他の地域での”住民は早く戻りましょうキャンペーン”をスムーズに行いたいからです。

このことは、閣僚クラスが度々、この村を訪れたり国が優先的に援助をしたりしていることからも解ります。
だから、川内村々長も早く住民が帰ってくるのを望んでいるのです。

もうすでに、復興計画や総合計画の策定を進めています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飯館村は福島第一原発からは約30km西北に位置します。

           私はモルモットにならない
飯舘村の長谷川健一さんは福島県が行っている健康調査表の記入を拒否し、抗議の意味を込めてサインペンでおもてに大きく「山下俊一のモルモットにはならない」と書いて提出する。

3月下旬飯舘村を訪れた福島県の健康管理リスクアドバイザーの山下俊一氏(長崎大学)は飯舘村の住民を前「子どもたちは外で遊ばせても大丈夫」と言った。
翌日、国は飯舘村などを計画的避難区域に指定し、一ヶ月をめどに全村避難しなければならなくなった。
講演を聴いた住民からは「あの(子どもを外で遊ばせても大丈夫)話なんだったんだ」と山下氏のいい加減な発言への抗議が殺到した。


山下俊一氏の発言を信じて子どもたちの避難が遅れたのだ。
長谷川健一さんは健康調査は「彼の研究材料にされるだけだ」と怒っている。


モルモットに成らない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(管理人)
このようにして、子供だけではなく大人までもが、このようなパンフレットを信用し、放射能は注意していれば安全だという情報を植えつけられていくのだと思います。

もし、誰かがその危険性を感じ、皆に情報を広めようと思っても他の人がもう聞く耳を持たなくなっていたり、上の空で聞いたりして、その人は、しだいに浮いた存在になっていくのだと思います。
そして、皆がしだいに放射能汚染の恐ろしさを口に出さなくなっていくのです。

これが、どうしても
人口減少に歯止めをかけたい、今の福島県の”大衆、集団催眠”のやり方なのだと思います。
これでは、将来がある子供たちの未来もありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。