地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
東電が「福島第1原発取材”八百長”ツアー」を画策 ~”御用マスコミ”のみ参加可能というデタラメ~

暗黒夜行~崩壊しつつある日本を考える。 (転載記事)

◆2月20日、東電福島第一原発の敷地内取材

 2012年02月09日 19時20分 


   福島第1原発4号機

東京電力は9日、福島第一原発の敷地内取材を2月20日の午前行うと公表した。昨年11月12日以来となる。

同社によると、今回も前回と同じような参加人数を制限して、全面マスク、タイベックを着用して、2台のバスに分かれて乗車し敷地内を移動するツアーになる見通しだという。
原子力安全・保安院と相談しながら、内容は決めるという。

対象の報道機関は、前回同様に全国紙、TVキー局、地元福島の新聞、TV、さらには今回はラジオ局、インターネットメディアが加わった。
 
ただ、インターネットメディアはニコニコ動画、IWJの2枠が入ったが音声スタッフの枠が用意されていないと、ニコニコ動画から出るなどした。
また、ステップ2(冷温停止状態)が終了したために、事故収束宣言が出ているのに、なぜ取材が制限されるのか、との質問も出たが、東電は「平常時の状況とは違う。制約が出てくるのはご理解いただきたい」と答えた。

今回も、車から降りての取材は無理だという。
                                       (転載終了)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東電が大不評だった昨秋の「福1敷地内ツアー」に引き続き、同ツアー第2弾を画策している模様である。

このツアーに参加可能な報道機関が、「全国紙」「TVキー局」「地元福島の新聞・TV」と「ラジオ局」といった、身内も同然の”御用マスゴミ”だけに限定されているという時点で、東電が情報公開を積極的に行っているかのように見せかけるための”ヤラセ””虚構”であることがわかるであろう。

前回、「身内だけ参加可」という露骨な報道規制に対して批判の声が上がったことを意識してか、今回は「ニコニコ動画」と岩上安身氏主宰の「インディペンデント・ウェブ・ジャーナル(IWJ)」の参加が許されたのがせめてもの救いに見受けられるが、そんなものは単なる気休めであろう。

以前のエントリーにて取り上げたとおり、前回の同ツアーに参加し、その”惨状”を克明に綴ったのは海外メディアのみであり、日本の大手マスゴミ連中はそこで見たもの、感じたことを一切記事にしなかったのである。

即ち、日本国内の腐れマスゴミどもは、ツアーに参加したという「既成事実」だけをつくり、本来、広く国民に報じるべき”惨状”について、完全にダンマリを決め込んだのである。
言い換えるなら、事実のもみ消しに加担したのである。

今回参加が許された岩上安身氏率いる「IWJ」や「ニコ動」がどこまで真相を報じられるかに期待したいところであるが、前回ツアーでは、同行した政府関係者の手によってカメラにプラスチックの袋がかぶされて、カメラの設定変更や電池・メモリーカード・レンズの取替えが許されなかったように、今回のツアーでも”完全フリー”な報道などまず期待できないであろう。

前回ツアー時の詳細レポートについては、以前のエントリー
【注目記事】 海外メディアが伝る「福島第1原発」の惨状にてご確認いただければと思うが、海外の記者が原子炉周辺の飛散物・倒壊物等が手つかずのまま放置せざるを得ない状況に陥っているのを目の当たりにして、「日本ほど整然とした国において、8カ月前の大災害直後からこの光景がほとんど変わっていないこと自体が異常」と指摘していることが実に印象的である。

ある意味、海外記者のこの一言が”フクシマの真相”を如実に物語っていると言ってよいであろう。

今や政府・官僚や東電をはじめとする電力会社が、大手マスゴミと結託して「原発再稼動」の”機運づくり””空気の醸成”に驀地(まっしぐら)の今日この頃であるが、「冷温停止状態」が達成されたとされるフクシマ原発の現状がどのように報じられるのか要注目である。
                                           (転載ここまで)
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。