地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
福島第一原発からの放射性物質に汚染された冷却水は大量に漏れいた。
でも漏れていなかったことにして、「ゼロ」扱いしていた。
そして、燃料がない圧力容器の温度を計って「冷温停止」「事故収束」と宣言した国、東電の狙いとは。

           ASR 海洋汚染のシミュレーション
海 汚染

*シュミレーションであり、実際の汚染状況や放射性物質の濃度を示すものではありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
保安院 海への汚染水 ゼロ扱い 

2011年12月16日 

福島第一原発事故で、何度も放射性物質を含む汚染水が海に漏出したが、経済産業省原子力安全・保安院は「緊急事態」を理由に、法的には流出量は「ゼロ」と扱ってきたことが本紙の取材で分かった。

今後、漏出や意図的な放出があってもゼロ扱いするという。
政府は十六日に「冷温停止状態」を宣言する予定だが、重要な条件である放射性物質の放出抑制をないがしろにするような姿勢は疑念を持たれる。

原子炉等規制法により、電力事業者は、原発ごとに海に出る放射性物質の上限量を定めるよう決められている(総量規制)。
福島第一の場合、セシウムなどは年間二二〇〇億ベクレルで、年度が変わるとゼロから計算される。

しかし、四月二日に2号機取水口近くで高濃度汚染水が漏出しているのが見つかり、同四日には汚染水の保管場所を確保するため、東京電力は建屋内のタンクに入っていた低濃度汚染水を意図的に海洋に放出した。

これら二件の漏出と放出だけで、原発外に出た放射性物質の総量は四七〇〇兆ベクレル(東電の試算)に達し、既に上限値の二万倍を超える。

試算に対しては、国内外の研究機関から「過小評価」との異論も出ている。

今月四日には、処理済みの汚染水を蒸発濃縮させる装置から、二六〇億ベクレルの放射性ストロンチウムを含む水が海に漏れ出した。

さらには、敷地内に設置した処理水タンクが来年前半にも満杯になる見込み。この水にもストロンチウムが含まれている。
東電はできるだけ浄化して海洋放出することを検討している。漁業団体の抗議を受け、当面は放出を見送る方針だ。

保安院は本紙の取材に対し、事故への対応が最優先で、福島第一は損傷で漏出を止められる状態にない「緊急事態」だった点を強調し、総量規制を適用せず、四七〇〇兆ベクレルの漏出をゼロ扱いする理由を説明した。
「緊急事態」に伴う特例扱いは「事故収束まで」続くとも説明したが、具体的な期間は「これからの議論」とあいまい。

今後、仮に放射性物質を含んだ処理水を放出したとしても、ゼロ扱いを続けるという

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011121690070643.html
(東京新聞)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(管理人)

福島第一原発事故で、何度も放射性物質を含む汚染水が海に漏出しましたが、国や東電関係者らは、「緊急事態」を理由に、法的には流出量は「ゼロ」として扱ってきたということのようです。

法的にということは、今後の保障問題が起きた時に有利だということなのでしょうか。

これからも、冷却系統の配管のひび割れや緩みなどのトラブルによる漏れだけではなく、
敷地内に設置した処理水タンクなどからの意図的な放出でも”流出はなかった”とするということです。

これまでに何度も汚染水を流出させていて、海の汚染も深刻さ増して漁業も危機的状況に陥っているにも関わらずです。
さらに、敷地内に設置した処理水タンクが来年前半にも満杯になる見込みで、この水にもストロンチウムが含まれているのです。 

国は「緊急事態」による特例をいつまで続かせるのか。それは今後の議論だとしていますが、あまりにも曖昧で原発事故の処理経過をみて適当に決めていくのでしょうか。

今後も、目もくらむような膨大な放射性物質を含んだ水を海に放出させることになりますが、今の特例では原発事故が収束するまで、法的には、放出量は「ゼロ」が続くことになります。
そして、政府、野田首相は12月16日、「冷温停止」宣言をしましたが、本来の「冷温停止とは意味が違うのです。野田 冷温停止

  燃料ウランと冷却水が正常に入っ ている状態での原子炉内の水の温 度が100℃未満になった状態を指 し、その安定冷却が保たれた原子   *冷温停止達成を宣言     炉は、放射性物質が放出されませ                   ん。               

政府・東京電力統合対策室の冷温停止の定義

(1)圧力容器底部温度が概ね100℃以下になっていること。
(2)格納容器からの放射性物質の放出を管理し、追加的放出によ  る公衆被ばく線量を大幅に抑制していること。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
福島第1原発事故では、すでに炉心融解が起きた原子炉であり放射性物質が放出されない状態の根拠がないことが、従来の「冷温停止」とは異なると各所から指摘されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          
 小出裕章:『冷温停止』について


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(管理人)
溶けた核燃料がどこにあるかも分からず、いまだに毎日、放射性物質を漏らしている原発がまだ存在しているにも関わらず、政府、野田首相が”冷温停止状態で、収束した”と宣言しましたが、私はあの真面目な顔で、誇らしげに記者会見をしている姿にはなぜか恐怖感さえ感じました。

それは、”冷温停止の本当の意味とその宣言の重大さがこの男には解っていない”と感じたからです。
そして、ただ誰かが書いた原稿をただ丸暗記したのではないのないだろうかという不審感がよぎりました。

これは、今年9月に政府・東京電力統合対策室が、”収束に向けた工程表を改定し、冷温停止を含む「ステップ2」の終了は従来通り「10月~来年1月」”と記載し、年内達成を目指したことをさも実行したように見せかけたにすぎないのではないでしょうか。
http://www.47news.jp/movie/general_national/post_5295/

原子炉内部の状況からして、”冷温停止宣言”はいつでもできたのではないかと思います。

これをきっかけに、国は、同原発から半径20キロ圏内の警戒区域と、年間放射線量が20ミリシーベルトを超える計画的避難区域を下記の3つに再編する考えのようです。

①近い将来の帰宅が可能な「解除準備区域」(年間線量20ミリシーベルト未満)
②数年間居住が難しい「居住制限区域」(同20ミリ
シーベルト以上~50ミリシーベルト未満)、
③数十年間帰宅できない可能性がある「帰還困難区域」(同50ミリ
シーベルト以上)
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。