地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
フクシマに生まれる子供達の未来を守るために、私たちは目を見張り耳をそばだてていなければなりません。

我が息子は、先天性心室中隔欠損症という重荷を背負って、2011年10月に予定よりも1ヶ月も早く生誕しました。
私たち以外にも甲状腺に異常をかかえて生まれた赤ちゃんも居ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原発事故による被曝の影響の可能性が強く疑われる、心臓に穴が空いている赤ちゃんが生まれてきた郡山市からS市に避難した方が、「フクシマハートネットワーク」を立ち上げました。

この会は原発の放射線被害によると思われる、生まれながらにして天性異常の子供をもつ親どおしが情報を共有し、治療や今後の保障問題などに取り組んでいくということです。

フクシマハートネットワーク
http://ameblo.jp/orionorio3/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2011-12-08 00:07:05
テーマ:VSD(心室中隔欠損症)経過
小児循環器科を受診しました

12月5日、息子は初めて小児循環器科を受診した。これから主治医となってくださるドクターとの出会いであった。ここまでの経過を順を追って述べておくことにする。

 心臓





8月9日、郡山市からS市へ転居。理由は放射線の胎児への影響を考えてのこと。無論、仕事や社会生活上の問題は山ほど存在しているが、子供の成長と被爆積算量は待ってはくれない。このとき既に妊娠7ヶ月であった。

9月30日、何のまえぶれもなく破水。診断は前期破水、妊娠35週切迫早産のおそれありということで、通っていた近所のO産院に入院したがまもなく、NICU完備の市内のT病院へ転院となった。

10月3日、妊娠35週と5日だが自然分娩で出産。2768gと低体重児の範疇には入らず安心するが、38週まではNICUに入院となる。

10月5日、担当医からVSDを告げられる。4mmの穴が開いているという。チェルノブイリ・ハートなのか?ドクターに尋ねると、それは判らない、平常時でも新生児の250~500人に一人の割合で出生するという。

10月22日、弱かった哺乳力も回復傾向にあるとのことでひとまず退院。自宅養育となる。

11月22日、1ヶ月検診、体重は3956g。体重増加率が若干低いものの概ね順調な生育状況という。心臓は診ていない。
そして迎えた12月5日の担当医の初診。エコー検査によると穴の大きさは6mm。膜様部の欠損で、VSDとしては珍しくない例であるとのこと。
6mmという大きさの割には肺血流/体血流が1に近い、それは三尖弁の組織の一部が欠損部分を覆っているかららしい。このままの状態なら自然閉鎖も期待できるという。
ただし、多呼吸、陥没呼吸、哺乳量低下がないか観察が必要である。また心臓内膜症の不安もゼロではない。

チェルノブイリ・ハートについて訊いてみた。ドクターは放射線との関連を調べたことがないので全く判らないと答えた。そしてVSDは100人に一人の確率で発生するとまで・・・。病院を代えた方がいいのかな?と思った瞬間であった。

この日は最後に、ヒブワクチンを打って帰った。
ヒブワクチンについての同意書を読みながら、つまりは「危険性はあるがそれは極めて稀で、それに比べて効能の方がはるかに大きい」だから了承せよって言うことで、これって電力が説明する原発に似ていて、仮に同意のもとでも危険行為は許されないのが社会通例ではないのだろうかと考えてしまった。
                        フクシマハートネットワークより
-------------------------------------------------------------
(管理人)
福島第一原発事故発生から8ヶ月以上経って、東日本だけではなく西日本でも放射能の影響と思われる健康被害が表面化してきているのですが、それはまだ始まったばかりのようです。
そして、このような患者がいたとしても、その病院側も公表を控え、内密に隠し通しますから、私たちにはほとんど解らないのです。
また、ごく一部の医療機関以外では、放射線による影響と思われる健康被害だったとしても、その患者自身にさえも正しくは伝えないと言われています。

福島県はとくに、そういったことが顕著のようです。

チェルノブイリ原発事故に見られるように、これから冬に向かって放射能による健康被害が本格化してくるようなのです。
まして、来年の春になると周りの山林からの放射能を含んだ雪解け水が市街地に流れてきて、大気はもちろん、地下水などの汚染がより深刻になるだろうと危惧されています。

この「フクシマハートネットワーク」の立ち上げは、生まれながらにして、とくに、心臓に欠陥をもっている赤ちゃんなどもこれから増えるであろうことを示しているようです。
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。