地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
低線量被ばくの可能性が考えられる気になる症状調査

■3歳 男 町田市在住
鼻血を頻繁に出す。7月、9月と原因不明(血液検査異常なし)の熱が1週間続く。
10月、手の爪が二本根元から剥がれる。その後も数本剥がれる。痛みなし。
手 (森住卓撮影)
■4歳 女 多摩市在住
微熱が数ヶ月続いています。下痢もかなり長く5ヶ月続いています、病院から整腸剤を処方され服用していますが、治りません。
口内炎と足の腫れ。発疹、病院からステロイドを処方されていますが治りません。倦怠感というか、すぐ寝転んでぐったり。
■7歳 男 横浜市在住 町田市通学
熱が1週間下がらず処方された抗生剤効かず。目の下にクマ、充血、9月入って頻繁に
■11歳 男 町田市在住
311後、急に鼻血が増えた。もともと鼻血体質の子どもだが、夏の暑いとき、興奮したときなどに見られたくらいで小学校低学年を境に減ってきていた。現在の鼻血は量も出かたも明らかに異なる。週に1、2度。静かに座っているとき、就寝中などに突然、血をこぼしたように出る。ティッシュ20枚以上は使う。下痢。おさまったりまた出たりと、波がありながら繰り返している。
■胎児 (町田市の助産師の話)
311以降9月10月あたりに出産予定していた方が3人流産・死産しました。
最近、4月5月出産予定の方が3人流産しました。
助産院は数が少ないのでなんともいえませんが。今まではこんなに続きませんでした。
クリニックの医師も最近多いなあとつぶやかれておりました。
逆子に関しては、311直後2人続き、しばらくして戻りましたが、回りの友達にも「逆子になったんです~」って会話が多くなったようです。
■胎児 40歳代 女 川崎市
出産予定日10月だったのが早期出産でした!三ヶ月も早い出産でした。未熟児でしたが、今は母子ともに順調です。一子二子は予定通りの臨月出産でした。
■30歳代 男 多摩市在住
心筋梗塞で死亡
■56歳 男 多摩市在住
検査結果異常なしだったのに数週間後、心筋梗塞で死亡
■40歳代 女 埼玉県赤羽在住
急性白血病 1週間後死亡
■47歳 女 町田在住
6月くらいに庭の木の剪定をした後、小鼻におできのようなものができました。普通のおできと違って膿ができず、さわるととても痛かったです。こんなおできは初めてでした。
まず、左にでき、それが治るころ右にできました。それらは1週間くらいで治りました。
同じ頃、右の耳が時々痛かったです。
それも、数日で治りました。マスクもせずに剪定した枝などを抱え込んでいたので、これらは放射能のせいかと自分では思いました。また、9月にひどい唇の荒れと口内炎がありました。
 ■33歳 女 多摩市在住t02200293_0480064011591742862.jpg
 8月に断乳をして9月10月と順 調に生理が来ていたんですが、 11月に入ってから不正出血が 断続的にあります。
 ちなみに、3/20~5月中旬、6  月末~9/14まではこども二人  は大阪の実家に行ってました。
 症状は311以前には経験したこ とはありませんでした。
 ■20歳代 女 多摩市在住   福島でボランティア活動
福島県の浪江と飯舘村を1日ボランティアで巡回し南相馬に戻った後、爪が痛みもなく根元からはがれました。
                   
               『子どもと未来せをつなぐ会・町田』より抜粋                     http://ameblo.jp/kodomotomirai/entrylist.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(管理人)
これは、町田市近郊だけの事例のごく一部です。
このような、低線量被ばくと思われる症状も東日本だけでなく、西日本からも報告され続けています。
ブログ右端に貼ってある”診察券入れ”をクリックしてみて下さい)
たかが1ミリ.シーベルトを発する人口放射性物質でも体内に取り込み続けると、それらがだんだんに蓄積してきます。
それらの主に、ストロンチウムやセシウム各種波長の短いα線、β線を発して、体内の各細胞や内臓器官などを傷つけるようです。
放射性ヨウ素は、甲状腺に溜まりやすいと言われます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
肥田舜太郎氏は、自身の被爆体験を原点に被爆者治療と核廃絶運動に関わり続け、今もなお各地での精力的な講演活動を続いている方です。
          原発なしで暮らしたい100万人アクションin広島
肥田
 
フクシマ原発事故から約1ヶ月半の時期に行われた「原発なしで暮らしたい100万人アクションin広島」でのスピーチでは、次のように語っておられました。

「もう現に東北では、下痢が始まっています。さっきこちらに出られた被ばく者の方が、お母さんも、妹も、弟も自分も下痢が始まったとおっしゃいました。」
最初の症状の一つに下痢が始まります。でこれは今の普通のお薬では止まりません。だからあたくしが一番心配してるのは、あの今東北で本当に苦しみぬいている、それで長く住んでいるうちから遠い不便なところへ行って、隣の人とはボール紙一枚で仕切られたところで、もう1ヶ月以上生活してるんですねえ。」

「で,この人達がなめた苦しみは、今のところは不便なところで寝てるっていうことで、年寄りが病人が、いろいろ死なれたり、病気が悪くなったりしてられるけれども、
元気なものも含めて、放射線の病気が始まってくるのは、おそらくこの秋から来年の春にかけて、たくさん出てくるだろうとわたくしは想像しています。」
---------------ーーーーーーーーーーー
見た方も多いと思いますが、肥田さんの動画をアップさせていただきました。
1~4まであるのですが、この最後の動画に要点が集約されていると思います。(ご高齢のため聞き取りにくいです)
          低線量とぶらぶら病(1ミリシーベルトでも危険)


低線量の被ばくの初期段階として、体がだるくなり働く気力もうせるような”だらだら病”と呼ばれる病気も増加すると、彼はここでも言っています。
体内に入り込んだ人口放射性物質による人体への影響が本格的に表面化するのは、これからのようです。

 
スポンサーサイト

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2011 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。