地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
TPPは農業問題じゃないヨ!

放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題!

原発よりも危険かも!!

だって、日本がTPPに加盟したら… 





国民皆保険制度がなくなってしまうかも。

 盲腸の手術だけで500万円、それが払えない貧乏人は死ぬような 社会がやって来る!?

〇日本の食料自給率は39%から13%に下がる。近いうちに必ず世 界的な食料危機
が起こるから、突然食料輸入が途絶えて餓死者 が出るようなことになるかも。
 
〇遺伝子組換え食品が蔓延し、そうでない食品を選ぶ自由すら
奪 われちゃう。
 
〇牛肉の月齢制限や添加物など食の安全基準が緩くなって、健康 への悪影響が心配。

〇低賃金労働者が外国から入ってくるから
、日本人の給料はます ます下がる。
 職を奪
われて失業も増えるよ。そのうち外国まで出稼ぎに行かな きゃならなくなるかも。

〇デフレがますます加速するよ。今まで日本国内で回っていたお金 がどんどん海外へ
流出しちゃうよ。景気はますます悪くなり、日本 はどんどん貧しくなるよ。

そして何よりも問題なこと……国民を守るために、国民の代表が 決めた法律や制度が、アメリカ企業の都合によって、いくらでも変 更してしまえるようになる。
 国民の主権が奪われちゃうよ。民主主義の崩壊だよ。

                                                                                                                                         


さるでもわかるTTP
http://luna-organic.org/tpp/tpp.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

TPPに参加したら最後、日本の国はアメリカに良いように利用され、食い物にされてしまうでしょう。

「国民はいかれている。このままでは国民が集団自殺するようなものだ」 
国民新・亀井代表
国民新党の亀井静香代表は31日夜、都内で開かれた民主党議員の会合であいさつし「政治家が駄目になった原因は、国民がほとんどいかれてしまったからだ」と述べた。
日本の現状について、米国と中国の間で埋没するとの危機感を強調。政治家が駄目になったことが原因だと指摘する中で「
国民」に言及した。「このままでは国民が集団自殺するような状況になる」とも指摘した。                                     
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011103101000989.html                                            10/31付【共同通信】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

”さあ、信じられる日本へ”とおっしゃっている、かの日本国民思いの新党日本、田中康夫先生もこんなことを言っています。
http://www.nippon-dream.com/

そして、こちらではこう私たちに教えてくれています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(管理人)
今、大変な円高、ドル安傾向が続いています。
これ以上の円高.ドル安は日本の経済を崩壊させるものだとして、日銀が数兆円もの円資金をたびたび出して、アメリカのドルを大量に買っていますが、円高は一向に改善されません。
アメリカのオバマ大統領は、今後のアメリカの輸出額を倍増させると言っていますから、円高、ドル安はその考えにそった政策の一つなのです。

それだけではあきたりず、日本にTPPの加盟を催促しているのは、アメリカからの資本の参入を容易にするために、不利になる関税を撤廃し、日本国内のすべての産業にアメリカの多国籍企業を参入させたいためにほかなりません。
日本の市場が欲しいと言うことです。

TPPには「ラチェット規定」とか「ISD条約」と言う危険な条約も盛り込まれています。
ラチェット規定とは、TPP関連分野で一度決めた事は元に戻せないと言う規定です。
だから、一度TTPに加盟したら、”いやだから脱退すればいい。”などと、安易な考えを持っている誰かさんがいるようですが、それは出来ません。

私は、これまで”JA”の農家などに対する独占的なやり方には嫌疑感をもっていましたが、今回のTTP加盟に大反対を」していることには感心しています。
(TTPに加盟すれば、真っ先に農業が影響を受けるからという単純な理由だけでしょうが。)

TTPに参加したら最後、ずるずるとアメリカの思惑に引き込まれることになるでしょう。
TPPが改革・開放を要求している分野は24項目にもわたっているそうです。
それは農業分野に限らず、サービス、金融など、あらゆる産業がアメリカのルールによって動かされることにほかなりません。
昨日の新聞には、”TTP交渉!首相、あす「参加表明へ”と見出しが載っていましたが、正式に参加表明をする以前に、とっくの昔にアメリカとは話がついているようです。


先ほど、野田佳彦首相が10日に予定していた環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加の表明を見送ったらしいですが、交渉参加日を少し遅らせただけで、決して参加しないわけではありません。

民主党内でもTTP参加に反対の議員も出てきて、ワンクッションをとるにしか過ぎません。
(あくまで、建前は”再検討する”ということですが、日程を延ばすだけです。)
首相TPP表明見送り、官房長官「党の提言受け止めた」

http://www.asahi.com/politics/update/1110/TKY201111100176.html?ref=reca                                         (asahi.com)

もう、私たちが反対しても手遅れなのでしょうか。
アメリカの傀儡のような、野田が首相になった時点で日本の運命は決定しています。
日本の国をアメリカに売ろうとしている”野田佳彦”を、首相に据えたことが失政の始まりです。
そして、私たちが、”TTPとはこういう事だったのか”と実感した時は、すでに手遅れです。
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
どれだけ頑張っても、食べるものさえ買えない。。。
豊かな国だったはずの米国で進む、静かなる食料危機の実態。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


フードスタンプ受給者数の推移

急増する米国の失業率

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米国では、フードスタンプ(食料配給券)の受給者数が過去最高に達し、さらに増え続けている。フロリダのリゾート地からベーリング海沿いのアラスカの村々にいたるまで、フードスタンプの受給者は現在、1日あたり約2万人のペースで増加している。
ミシシッピ川周辺のセントルイス、メンフィス、ニューオーリンズといった大都市では、子供の半数がフードスタンプの受給者だ。
現在、フードスタンプを受け取っている人は米国民全体の約12%近くに及ぶ。
黒人の28%、ラテン系の
15%、白人の8%に及んでいる。フードスタンプの補助額は、それぞれの住宅事情や家族構成もよるが、1人あたり1ヵ月130ドルが平均だ。

フードスタンプは、全米各地域で急速に増えており、もはや珍しい存在ではない。荒廃した街や差し押さえ物件が目立つ郊外で、3600万人以上の人が、人目を引くこともなく、カードを読み取り機に通すことで、牛乳やパン、チーなどの食料品を手に入れている。
貧困ラインは、4人家族で年収約2万2000ドル(約200万円)とされているが、補助を受けている人の9割近くがこれを下回る生活をしている。

この制度の利用者は記録的な勢いで増加しているが、プログラムを担当している政府当局者は、さらにペースを加速すべきだと考えている。農務省の次官のケビン・コンカノンは「大恐慌時代を除き、私たちの世代で、これほど食料支援が急務となったことはありません」、「今こそ、米国でも空腹の人が多数いるという事実を直視すべきです」と語る。


最後のセーフティネット

実に人々が、食欲を満たすことに苦労している。シングルマザーもいれば夫婦もいる。最近職を失った人もいれば、生活保護を長年受けている人もいる。
給料が下がったため、満足に食べられない人もいる。

ポットロースト

サンディ・バーンスタイン(66)は不況により、貧困者へ同情の念を抱くようになった。

保険事業で成功をしたバーンスタインは昨年、退職後の悠々自適な生活を始めたばかりだった。しかし、金融危機で保有していた証券口座の資産額が急落。
人生を考え直したくなった彼女は、全米退職者協会(AARP)とオハイオ州セカンド・ハーベスト・フードバンク協会が行っている、福祉プログラムのボランティアに志願した。
「ここに来ると、博識で饒舌、身なりも立派な普通の人に会います。一緒にランチに出かけてもおかしくないぐらいです」

それは、ショーン・ワードロー(32)と妻のフラニーの特徴と合致しているかもしれない。
彼らが住んでいるのは、まさに米国の中流階級の家そのもので、生活に苦労している様子は感じられない。
3人の金髪の娘の寝室の窓はピンクのカーテンで彩られているし、まだ景気が良かった頃にフロリダ州デイトナビーチを旅行した際に手に入れた亀を飼っている。
娘の1人は小学4年生で、最近、自分の両親について書いた物語の結末は、「それからずっと幸せに暮らしましたとさ」だった。

最初に仕事を失ったのは、老人ホームで働いていたフラニーだった。しばらくすると、ショーンも9年近く勤めた建設会社を解雇された。その後、料金未払いで電気を止められそうになったり、夕食にインスタント麺しか食べられなかったり、ボランティア団体から石鹸をもらったりして過ごしたという。
気さくで大柄なショーンは、封筒工場で何とか職を得ることができた。だが、建設会社で削岩機を手に働いていた頃に比べると収入は低いし、フラニーはまだ失業中だ。家賃は2ヵ月滞納している。それでも、月額429ドルのフードスタンプで、時には日曜日にポットローストを食べることができる。

ポットローストは、失ってしまったものをフラニーに思い起こさせる。
「かつて、自分たちは中流だと思っていました。今はただ、美味しくてまともな食事をとることしか頭にありません」

USA「ニューヨーク・タイムズ」(英語)より抜粋
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。