地震、放射能.バンデミック、政治、経済混乱など、隠されている真実を暴き生き残っていきましょう。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
みんなの体の抵抗力が弱まってきているようだとある医師の方は言っています。
やはり、人間本来が持っている自然治癒力は偉大なのですね。

そして、この方もインフルエンザ・ワクチンは効かないと忠告しています。


【今月の健康取材記】

-------------------------ーーー


      インフルワクチンは


母里啓子さんの「インフルエンザワクチンは打たないで」


1.日本で接種が始まった当初から関係者にはわかっていました。効かないということが。

2.効果がないので1994年には小中学生への集団接種も中止されてしまったほどです。

3.効かないことは厚労省もわかっています。「流行対策がない」との批判を避けたいだけです。

4.インフルエンザ・ワクチンは血液中にしか抗体を作れず、のどや鼻には抗体ができません。
ウイルスはのどや鼻から入るから感染はまったく防げないのです。
当然「家族や周囲の人や乳幼児にうつさない」ということも不可能です。

5.インフルエンザ・ワクチンはもともと流行を予測して作られているだけ。
そのうえに、インフルエンザ・ウイルスは日々猛スピードで形を変えるので効果は期待できません。

6.インフルエンザ・ワクチンは、製法上、弱い抗体しか作れません。殺したウイルスの、さらにその一部だけを使って作るので、体内で増えず、ウイルスの一部に対する抗体しかできません。

7.高齢者の肺炎や乳幼児の脳症はインフルエンザとは無関係です。「かかっても重症化を防ぐ」も嘘。そのようなデータは全くありません。

8.「打っておいたほうがいい」どころか副作用があるから怖いのです。死亡者も出ています。打たないほうが安全だし安心です。
そもそもワクチンは病原菌なのだし薬事法上は劇薬です。
接種にはもっと慎重であるべきです。

9.効かないことを知っている医師も多いのですが、患者離れが怖いから言えないのです。

10.インフルエンザ・ワクチンは儲かるからなくならないのです。
皆さんも、マスコミやお友達の言うことを真に受けずに、この本で真実を知ってください。


次のようなことも書かれています。

手洗い・うがいはじつはインフルエンザには効果がありません。

ウイルスはのどや鼻の粘膜についたとたんに感染してしまうからです。

対処法は日頃から健康に気をつけるだけ。

自然にインフルエンザに感染したほうが、ワクチンとは比べ物にならないほどの強い抗体が作られます。

多くの人が知らず知らずインフルエンザにかかっているのです。

丈夫な体でいれば症状も軽くすみます。

インフルエンザは2,3日寝ていれば自然に治る「かぜの一種」にすぎません。

恐ろしい病気ではないのです。

インフルエンザにかかっても熱を下げてはいけません。

熱は体がウイルスと闘っている証です。

解熱剤タミフル脳症の原因と疑われています。

大人も打つのはやめましょう。
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
“公表しない”ことを約束に取材を受けた遺族の方を騙し、被害者の実名を勝手に報道したと言うのです。

さらに、Facebookの写真までも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

bandicam 2013-01-25 22-24-40-843

産経ニュース

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
死亡した7人の氏名公表を要請 人質事件で内閣記者会

アルジェリア南東部イナメナスの天然ガス関連施設で起きた人質事件で、朝日新聞社などが加盟する内閣記者会は22日、政府が公表していない被害者の氏名と年齢のうち少なくとも死亡が確認された7人分の公表を安倍晋三首相と菅義偉官房長官に申し入れた。

申入書では「事件に対する国民の関心は非常に高く、日本政府が公的に安否確認を行うとともに、情報収集、救出、帰国支援に全面的に関与している」と指摘。
「最も基礎的な情報」である氏名と年齢の公表を求めている
。   
                                            (一部抜粋)

朝日新聞


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし、結局は、朝日新聞が”公表しない”ことを約束し取材許可を取り付けたようです。

その取材を受けた遺族の方のブログから



bandicam 2013-01-25 22-51-27-484


モトシロブログ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下はその方のツイートです。


bandicam 2013-01-25 23-00-41-250 


bandicam 2013-01-25 23-01-00-671 

bandicam 2013-01-25 23-01-16-171 

bandicam 2013-01-25 23-02-09-609 
bandicam 2013-01-25 23-02-26-078 

bandicam 2013-01-25 23-11-29-390 

bandicam 2013-01-25 23-11-46-640 

bandicam 2013-01-25 23-12-04-562 

bandicam 2013-01-25 23-13-09-218 

bandicam 2013-01-25 23-13-31-484 


bandicam 2013-01-25 23-33-17-593 
実名報道及び無許可報道に対する抗議文

 

 

 

 

 
NPO法人チェルノブイリへのかけはしFBより転載


絶対に拡散してください。

今の日本の政府、東電はなくてもいい、何もしないでくれ!と思うことが多い。
フクイチに神々がおり、そこに今の日本のすべてがあります。
私たちがここを忘れたら、東電同様に「人」ではなくなってしまう。
私たちが今、呼吸をして、生きているのも、人間の形をした神々のおかげであることを決して忘れないために。

年越しも休めなかった、福島第一原発収束作業員のKさんの文章です。

--------------------ーー

総選挙の総括と分析で、まだしばらくは討論が続いていくものと思われます。その中でみなさんに少しだけでも考えていただきたいな、と思いますことを綴ります。

bandicam 2013-01-06 00-27-11-234
Jビレッジ周辺を歩く_2012年3月12日(本文とは関係ありません)

私たち収束作業員で県外から来ている収束作業員のほとんどは、人事院通達で「支払うべきこと」と規定されている出張旅費を支給されておりません。
また、作業のシフトの関係で、たとえ帰省旅費が人事院通達通り正当に支給されたとしても選挙権を行使することなどできません。

私達がシフトを抜けるということは、事故の再発を意味するからです。

帰省旅費を通達通りに支給する会社は御用組合電力総連や電機連合に「加入できる」ほんの一握りの元請企業の社員に対してだけで、ほとんどの作業員は帰省するお金などないのが現状です。

2012年12月8日朝日新聞夕刊に報道されている通り、「投票」という権利が実質上奪われているのです。

そもそもが「選挙権を行使する」という社会参加の枠組みから排除されている人々が収束作業に従事しているのです。
「日本人」ではないが故に「選挙権」から排除されていたり、下層労働者故に選挙権が実質的に剥奪されている人も周囲にたくさんおります。

収束作業は、世の中が選挙であろうとなかろうと地道に、「市民」が知らないような場面で展開されています。

bandicam 2013-01-06 00-24-38-265
Jビレッジ周辺を歩く_2012年3月12日(本文とは関係ありません)

私は2011年から2012年の年明けはJビレッジで完全装備を着用後、「復興」されることなく放置されたままガタガタの悪路と化した国道六号線の大熊町内で、域外持ち出し不可=汚染車輌であるイチエフ往復専用通勤車両の中にて迎えました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
私たちはお互いに「あけおめー」と言い合いました。
しかし全面マスクを着用しているので相互の声は「モゴモゴ」としか聴きとることはできません。

全面マスクで発する自分の声は減衰しますし、暴露防止のためタイベックに密着するよう全面マスクをテーピングしているので周囲の音も遮断されているのです。
悠長に「あけましておめでとうございます」などという「おしとやかなご挨拶」はお互いに聴き取ることはできません。


 「あけおめー」というお互いの存在を伝え合うなるべく短い造語、それは年末年始のシフトでも働かなくてはならない自分たちの不安をかき消すために発した言葉でもあります。

収束作業に従事する人員が通常よりも少なくなる年末年始のシフトにて、「何かあった時」はイチエフの現場に踏みとどまらなくてはならない「人柱」としての役割が課せられていることを意味していることを自覚しているからなのです。
越年をイチエフで迎えるにしても特段の配慮など一切ありませんでした。
賃金も特別な手当てなど一切支給されておりません。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
私たちは通常、往復の通勤で15μSvの被曝に晒されます。
Jビレからの「通勤」自体が「市民的日常」とは別世界のものなのです。

bandicam 2013-01-06 01-43-03-062  
Jビレッジ周辺を歩く_2012年3月12日(本文とは関係ありません)

「原発作業員の母」である木田さんの息子さんはつい最近まで「東京電力逆出向社員」でした。


一般社会の「出向」は親会社から子会社・関係会社へのものが通常なのでしょうが、東電逆出向のシステムは全然別物です。
下請け会社から元請会社を一足飛びで抜いて「東電社員」といして扱われる「制度」です。
下請会社無保証・低賃金の体系のまま、身分上だけ「東京電力社員」となります。

端的に言えば「制服だけは東電社員」という身分です。
なぜこのようなシステムになるのか。端的に謂えば市民社会が「東京電力社員の犠牲者」を要求しているからです。

東京電力社員は収束作業のなかでも危険なに従事しろ、という要求は「東電社員ならば死んでもよし」という社会的な懲罰を欲しています。
その余級の策として「危険被爆労働専門作業員」としての逆出向制度が存在するのです。

bandicam 2013-01-06 01-11-38-281

Jビレッジ周辺を歩く_2012年3月12日(本文とは関係ありません)

わたしたち市民社会は、「自分ではない誰か」を犠牲者として差し出すシステムをこそ問わねばなりません。
そしてその犠として供される者とは「市民社会」から排除された人々です。
「日本人」や「市民」、そして「選挙権」から排除されている人々がイチエフの事故収束作業に多数従事していることを知っていただきたいのです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
年末年始を故郷で過ごすための旅費を支給されないために帰ることもできず、また、シフトから抜けることを「市民社会の要求」の帰結として許されざることであることをも認識していただきたい、と切に願うものです。

今回の越年は、イチエフで迎えるシフトでは「たまたま」ありません。
極端に人員が減るこの一夜、無事に仲間たちが過ごしてくれますよう「存在するはずのない神」に祈るものです。
「緊急事態」が発生しませんように。  私は「何事かある場合」に備え、待機いたします。
 

 

 

 

 
少し、ブログの主旨から外れていますが、読んでみて下さい。

がれき処理に新たな動き”森の力”で被災地救え!


この苗木なんですが、一年に1m伸びるというすごい成長力なんですね。
今、被災地のがれきを利用して、この苗木を植えようというプランがあるようなのです。

           「がれきで森を再生」84歳学者の闘い

                    報道ステーションSUNDAY 2012年6月4日放送
----------------------------

「放射能被曝させないで!がれきを燃やさないでー!!」

      被ばくさせないでください

「今逮捕者が出ました」

東日本大震災で発生した震災がれきの試験焼却をめぐり
先月北九州市で、搬入を阻止する反対派市民と警察隊が衝突。
逮捕者二人を出す騒ぎとなった。

受け入れか拒否か

世論を二分する震災がれきの広域処理問題。
復興の足かせとなっているがれきの処分率は15%余り。
こうした中、画期的な打開策が動き出そうとしている。

  
       苗木

  住民:
  感激しましたねぇ。
  だってね、他に持って行ったらお金はかかるし、
  ここで、地元で再利用できるという事は最高、素晴らしい事だと思いますよ。


森の持つ自然界のサイクル。
さらに彼が見せてくれたのは広葉樹の命のたくましさ。

 
       ぴこばえ


   宮脇:
   幅が100m、高さが22mで、南北300km森を作れば、
   今のがれきは、どんな計算をしても4.8%、全部入れても。

   長野:その中の4.8%にしかならないんですか?瓦礫が。

   宮脇:ならないんです。足らないんですよ。マウンドをつくるには。

   長野:えっ!?


このプロジェクトが遂行すれば、被災地にある1900万トンのがれきですら、森度の僅か4.8%、5%にも満たないという。 
                                (映像より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
決して、がれきが復興の足かせになってはいないと思いますが、仮に、放射性物質の付着した、がれきでも燃やすよりは、ずっと良いと思います。、

ところで、細野大臣は、視察に来たというところでしょうが。

民間主導ででも是非、推し進めて欲しいプランです。
 

 

 

 

 
環境省は、4/9まで国民からの意見を募集していたようです。

放射性物質汚染対処特措法施行規則改正案に対する意見の 募集(パブリックコメント)について(お知らせ)


産廃は、今までも広域処理されていました。

この法案が成立すると、国が管理することになっていた警戒区域等のがれきが産廃処理ルートに乗ってしまう危険性があるのです。
そして、知らない間に全国各地の処分場に拡散され埋められてしまいます。

------------------------------
この法律がどうなるのかは解りませんが、環境省が改正案を出した以上成立させるつもりだと思います。

ところで、国内はおろか、海外にこの被災がれきを輸出しようとしている企業があると言うのです。

              震災がれきを海外へ~実現は?


報道特集より。

東日本大震災で発生したがれきは、震災から1年以上たった今もがれき処理のめどが立っていないのが現状だ。

そんな中、驚きの計画が持ち上がっている。


    広域処理


全体の半分近く、1千万トンものがれきを、南の島に輸出するというのだ。


計画を推進するのは関西石油のオーナー、徳市勇氏。

地上げ屋だったと自ら言う彼が、アメリカ領サイパンの北マリアナ政府に計画を持ちかけている。

計画ではサイパン島の北300kmにあるパガン島を借り受けて震災がれきを埋め立てる。
しかし日本の廃棄物処理法は廃棄物の国内処理を原則としており、廃棄物の輸出を厳しく制限している。

だが彼らはこうした法律の壁を乗り越えられると思っているようだ。


関西石油速報
------------------------ー
ちなみに、オーストラリアでも福島原子力災害からの放射性残骸を受け入れるべきと主張し、核廃棄物の議論に入っているようです。

ザ.オーストラリアン

-------------------------
(管理人)
この計画にはクリアーしなければならない法律があるが、関西石油側は”法律はクリアーできる”と考えており計画を進めているようですが、どういう確信があってのことなのか。

はたして、このような計画が一民間企業だけで立てられたものなのか。

環境省はこの輸出計画に難色を示しており、法律をクリアーできないと言っていますが、
上記の法律改正案が産業廃棄物処理法をも動かし、がれきを海外で処理するための第一歩になる可能性はないのでしょうか。(これは、私の推測に過ぎません)

何れにしても、この計画もやはり、
”被災地の救済”と言うより”金儲け”としての手段として思いついたもののようです。

高い放射能を含んだこんながれきを海外で処理してもらう事自体、許される事ではありません。
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 出身地が有名になった人のブログ, all rights reserved.

自主避難福島県全域、および他県罹災証明のある方              H26年3月末日まで家賃無料                         

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

http://tentohiroba.tumblr.com/

nitrun

Author:nitrun
S30年代生
男性
コンクリート技術者
福一原発から60km圏内在住
隠されている真実を探り、生き残りをはかっています
情報を共有できればと思います。

あまり、更新できなくてすみません。

 カルテ    放射線の影響と思われる健康被害報告 診察券

お知らせ (3)
拡散願い (2)
放射能 (93)
経済危機 (2)
未分類 (9)
医療危機 (2)
食料危機 (1)
原発 (17)
避難 (3)
政治 (11)

親子       

このブログをリンクに追加する

福島VOISE   000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000  000000000    0000000

地震4

ライブカメラ5  000000000000000000000

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 All rights reserved.

 000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000  000000000    0000000   000000000    0000000  

  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000  000000000    0000000   000000000    0000000

ソウルフラワー震災基金 2011

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。